社員の現場日記

東九州道(清武~北郷)二之河内地区改良外工事

皆さん、こんにちは! 工事担当のTです。TT兄弟の片割れではありません(笑)

当現場は2022年開通予定の東九州道の延線である清武から北郷区間を工事しています。

 

舗装工事はもちろんですが、高速道路が安全に通行できるよう、土砂崩れを防止するための擁壁工事や法面工事、電気を通すための地中配管工事、水を流す為の排水工事を行っています。

 

現在はICTバックホウを使用して、土の掘削工事行っています。

ちなみに、ICT土工とは情報通信技術を駆使して半自動的に掘削工事を行うことができます。重機運転手の方はモニター画面(下記写真)を見ながら、計画の高さに土を整地していきます。

工事期間中は騒音・規制等によりご迷惑をお掛け致しますが、ご理解とご協力を宜しくお願い致します。

 

PAGE TOP