社員の日記

2021年08月03日

令和2年度 東九州自動車道 生目工事

皆さんこんにちは!

現場代理人の鶴田です。今年は雨が多く、工事が進まなくて大変です!!

天気がようやく落ち着いて、冷や汁の恋しい季節となってきました。

非常に蒸し暑い中、現場では掘削工事と土砂を積込み、運搬する工事をしています。

前回から現場の状況が大きく変わりましたので、下記写真にて紹介したいと思います。

上記の写真はL型擁壁を設置している状況写真です。

一つの重さが約1.4~1.7t程あります。

しっかり合図を行って慎重に設置していきます。

このL型擁壁は高速道路車線の端部になるところです。

写真左側部分がL型擁壁の設置が終わったところになります。

一つの長さ2mになりますが、390m程設置が完了しています。

美しい曲線のラインが出ていますね( ̄▽ ̄)

L型擁壁から右側の部分は舗装して高速道路車線になるところです。

このあとは、L型擁壁を設置する為に掘削したところを盛土工事にて

埋めていきます。

 

『現場の熱中症対策』

毎日暑い日が続いていますので、熱中症対策も行っています。

注意喚起看板の設置、WBGT値(暑さ指数)を計測できる機器の設置、パラソル下で交通誘導員の方が休憩等です。

ちなみに交通誘導員が持っているのは塩飴です。

その他に下記写真のような取り組みもしています。

     【応急処置セット】           【冷蔵庫にドリンク】            【製氷機】

 

暑さに負けず健康で安全に現場を進めていきます!!

今後も工事に対するご理解とご協力を宜しくお願い致します。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ
にほんブログ村
↑ クリックをお願いします。

page-top